本文へスキップ

突然解雇通告を受けた、残業代が支払われない、などの労働問題のご相談は弁護士対応・埼玉県さいたま市・大宮駅東口徒歩6分の埼玉さくら法律事務所へ

TEL. 0120-316-795

埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-2ムサシビル3階

残業代残業代について残業代について

1、1週・1日の労働時間

使用者は、原則として、労働者に、休憩時間を除いて、1週40時間を超えて労働させてはならず、かつ、1日8時間を超えて労働させてはいけません(労働基準法32条)。


2、割増賃金支払義務

使用者が、前記の基準(週40時間・1日8時間)を超えて労働者に時間外労働をさせた場合には、割増賃金を支払わなければなりません(労働基準法37条)。


3、

しかし、現実には、サービス残業が横行するなどし、割増賃金が支払われないことも少なくありません。これが、いわゆる未払残業代の問題です。
残業代を請求することは、労働者の権利です。また、退職した場合でも、2年間の時効にかからない限り、請求することができます。残業代を請求するためには、証拠が必要となります。証拠としては、タイムカードが基本となりますので、コピーを取っておくことをお薦めします。また、タイムカードがなくても、業務上送受信した電子メールの時間記録、業務日報、労働時間のメモ等も証拠となります。
当事務所では、残業代の無料計算を行っておりますので、まずはお気軽に当事務所までご相談ください。

残業代の無料計算いたします